青汁で家族全員の健康対策

青汁は作る、買う、どっちがお得?

by cradmin on 2014年2月7日

青汁を自作する人もいるそうです。青汁を自宅で作る場合、小松菜や大根の葉、大麦若葉などを利用します。自宅で作るほうが鮮度も高く安心な気もしますが、市販のものとどっちがお得に、効率よく栄養が補給できるのでしょうか?


市販の青汁は値段がさまざま

市販の青汁も含まれる栄養素などで値段は変わってきます。多く利用される大麦若葉、ケールなどをベースにシンプルに作っているもので考えると、一杯100円前後が平均的な値段なようです。コラーゲンなど美容成分が多く含まれるものや、特殊な製法が使われているものは、生産コストが上がるので、もう少し高くなります。自分が飲みたいものがいくらくらいなのか調べてみましょう。


自分で作ると味が美味しくないことも

自分で青汁を作ったときの最大の問題が、味なのだそうです。バナナやヨーグルトなども混ぜてスムージーのようにすれば飲みやすいのですが、生の野菜だけを絞って飲むとなると、やはり苦みや渋みも気になります。この工夫を楽しくできるなら自作でもいいかもしれません。しかし有機栽培の野菜などは値段が高いことも多いので、美味しくできなかった時は少し辛い思いをする事も。市販の物と自分で作る物の値段と手間で比較してみましょう。

Comments are closed.