青汁で家族全員の健康対策

粉末青汁の飲み方

by cradmin on 2014年8月29日

粉末青汁は冷凍青汁の青臭いといった飲みにくさを取り除いてますので、独特のクセはありません。抹茶に似ていますので、様々な飲み物との相性も良く、オススメレシピもあちこちで紹介されています。粉末であることから、料理やお菓子にも使いやすいという長所もあります。パウンドケーキなどに混ぜれば、グリーンケーキになります。


<相性のよい飲み物>

牛乳と混ぜれば抹茶ラテにごく近い味わいが楽しめます。牛乳を豆乳に変えれば抹茶ソイラテのような味わいです。甘さをハチミツからとればお腹にもやさしく、ダイエットを気にしているならステビアなどを用いるとよいでしょう。フルーツジュースとの相性もよいので、野菜ジュースよりも飲みやすい形で栄養素を取り入れることができます。緑茶に混ぜるても、美味しくいただけます。暖かくても冷たくてもそれぞれの味が楽しめますが、熱に弱い栄養素がさらに減少してしまうというデメリットが生まれてしまいます。


<スムージーとの相性>

葉物の野菜を如何に確保するかがスムージーでは問題ですが、季節によっては高価ですし、新鮮なものを手に入れるのも大変です。そういったときに粉末青汁で補うというのは、コスト的にも大変助かります。

青汁選びはどうすればいいか

by cradmin on 2014年5月30日

青汁に興味が出ても店頭やインターネットショップングではたくさんの種類の青汁が並んでいます。これらはさまざまな原材料は効能を謳っていますが、どれを選べばいいか混乱してしまうほどややこしいものです。そこで、青汁選びのコツを紹介します。


<主原料の分類>

特的の目的で飲まない場合は飲み続けるために味も重要な要素になります。主原料はケール、大麦若葉、明日葉の三種類です。主原料だけあって味の中心にもなっています。そのため、これら3つの味を把握すれば選択肢は絞られます。試供品をもらうことができるメーカーがあるので、ホームページなどで請求すると良いでしょう。それらを飲み比べることで、自分にあっている主原料を見つけることができます。その主原料の製品の中で、値段などで絞っていけば良いでしょう。


<飲みやすい工夫>

一番好きな青汁でも飲みにくいといった場合は工夫することで飲めるようになるかも知れません。製品によくあるのははちみつを入れることで飲みやすくするものです。また、他のものと混ぜるとずっと飲みやすくなります。牛乳や豆乳、ヨーグルトに入れると味がまろやかになります。それでも口に合わないという場合は、錠剤のタイプを選ぶとほとんど味を感じること無く飲むことができます。

青汁の効果

by cradmin on 2014年4月11日

青汁の一番の良さとは、豊富な栄養素が凝縮されているということ、そして、ほかのサプリメントにはないメリットと言えば青汁を飲めば自然と同時にいろんな栄養素が摂取できるという事。サプリメントで同じ栄養素を取ろうとしたら何種類ものサプリメントを用意しなくてはならないが、1つ飲んだだけでこれだけの栄養素を同時に摂取できるというのは他にはない唯一無二の存在と言えます。それに、同時にいろんな栄養素を摂取することは効率的にお互いの効果を高め合う相乗効果も期待できるという訳です。


<一緒に摂るとよい栄養素>

ビタミンBの代謝をスムーズにするには鉄を一緒に摂るとよいとされています。鉄の吸収を良くするにはビタミンCを一緒に取ると良いとされています。ビタミンCとビタミンEの抗酸化作用は相乗効果で高まると言われています。他にも様々な相乗効果がありますが、青汁には今紹介したビタミンB、鉄、ビタミンC、ビタミンEのどれもが入っています。

これだけの栄養素を摂取しようとしただけでもたくさんの食材やサプリメントを摂取しなければなかなか体に取り入れることは難しいです。こんな理にかなった食材はそうないので、皆さんも機会があれば試してみるのもいいかもしれません。

青汁は女性の味方なんです!

by cradmin on 2014年4月8日

皆さんも知っている青汁ですが、実はたくさんの良い作用があるのを知っていますか?
まずは、新陳代謝をあげてくれる作用があるのでダイエットを始める人にはとてもいいと思いますよ。
そして何よりも嬉しいのが、女性の天敵である便秘にも効果があるという事なんです。
便秘を解消してくれる作用があるので、ひどくて悩んでいる人はぜひ試してみてはどうでしょう?


青汁のレシピを増やそう

青汁の味が苦手だという人も多いと思います。
そのままお水に溶かして飲むのはさすがに・・・という人は、料理に混ぜてみるのが良いですよ。
唐揚げとか天ぷらの粉に混ぜてみるとか、もちろん、スイーツに利用することだってできます。
パンケーキに使ってみたりクッキーを作ってみたり、中にはくずもちのようにして食べている人もいるそうですよ。
色々な工夫をしている人が多いようなので、一度ネットで探してみて下さいね。


健康にとてもいいからオススメ

青汁は健康にとても良いので、ぜひ多くの人に利用してもらえたら嬉しいです。
実は、青汁には免疫力をあげてくれる作用もあるみたいなので、お子さんやご年配の人にはとてもおすすめです。
免疫力が下がってしまうと病気にかかりやすくなってしまいますから、試していただきたいですね。

青汁で元気に過ごそう!

by cradmin on 2014年2月19日

青汁に対して苦いとか美味しくないといったイメージを持たれている方もまだ多いのではないかと思いますが、最近の青汁は味も少しずつ改善されてきていますので比較的飲みやすくなってきています。
健康にとても良いので飲まれると元気になりますし、野菜が不足している方も補給が出来て良いかと思います。
野菜が嫌いな方も青汁でしたら野菜を摂取することが出来ますのでお勧めだと思います。


青汁を工夫してみよう

青汁に対して苦味を感じている方などがいましたら、何かに混ぜて摂取するのが良いかと思います。
例えば牛乳やヨーグルトに混ぜてみたり、クッキーや蕎麦の生地に練りこんでみたりなど工夫されて摂取されるのがお勧めですね。
もちろん、無理して飲まれることはないかと思いますが健康に良いので出来るだけ摂取したいですよね。
また、お料理として活用してみるのも良いかと思いますよ!
最近ではそういったレシピを紹介しているサイトもありますので、ぜひご覧になってみてはどうでしょうか?


メーカーによって配合が変わってくる

青汁はそのメーカーによって配合されているものが変わってきますので事前に確認されておくのが良いかと思いますよ。
ケールを一番多く配合している物もあれば大麦若葉を多く配合しているところもありますので、ご自分が飲めるものを選ばれるのが良いかと思います。
分からない場合はお電話などで問い合わせてみることをおすすめします。

参考サイト;http://www.futuresourceuk.com/(青汁の人気比較ランキング)

青汁はいつ飲むといいの?

by cradmin on 2014年2月7日

青汁はケールや大麦若葉といった緑葉野菜をベースとしたビタミンや食物繊維を補給する栄養補助食品です。野菜不足などを効率よく解消することができることから、今では若い世代の人や子どもなども摂取しています。お店によっては、自分に足りない栄養を補うようにオーダーすることもできるそうです。


青汁はいつ飲んでもいい

青汁は薬などではないので、基本的に好きなときに飲んでいいものです。でもせっかく飲むのなら効率的な飲み方をしたいですね。オススメは朝です。朝は身体が乾燥しています。またおなかの空いているときに飲むことで、食べ過ぎなどを防いでくれる効果もあります。ダイエット効果を期待している人は、毎食前にコップ一杯飲む、という人もいるそうです。


アレンジして毎日楽しもう

朝ごはんなどと一緒に摂取するのであればご飯のバリエーションを変えればいいのですが、青汁を朝ごはん代わりにすると、味に飽きてしまうこともありますよね。そこでおすすめなのが、水以外のジュースなどで割る方法です。ミルクなどはもちろん、乳酸菌飲料などでもさわやかに飲めると言われています。フルーツジュースで割るときは、100パーセントのジュースを利用するといいでしょう。

子どもに青汁を飲ませるときに気を付けること

by cradmin on 2014年2月7日

青汁は健康サポートドリンクなので、通常なら妊婦さんや子どもも楽しむことができます。しかし、大人よりも体が小さかったり、妊婦さんは体が敏感になっており場合によっては悪影響をもたらす可能性もあります。飲む前にきちんと確認しておいたほうがいいことをご紹介します。


青汁を飲む前にアレルギーを確認

子どもや妊婦さんは非常にデリケートです。そのため、普段は何ともないものでも、アレルギー反応を起こす可能性もあります。そこで、あらかじめアレルギーチェックを病院などで行うことをおすすめします。病院で行えるものは食べ物などもわかるので、小さな子どもであれば先々、摂取を控えたほうがいい食べ物などもわかるので安心ですね。


乳児は、はちみつ入りを避けよう

青汁の中には飲みやすくするために、はちみつが混ざっているものがあります。はちみつはもちろん大人の身体には非常にいいのですが、蜂が生産するものなので乳児の場合、ボツリヌス症などになる可能性があります。そのためはちみつが含まれている青汁は避けるようにしましょう。また、子どもは便秘に効果のあるものを摂取し過ぎると、おなかを壊してしまうこともあるので、一度の摂取量を少し少な目にするといいそうです。

青汁をお料理にも活用してみよう

by cradmin on 2014年2月7日

青汁を利用する家庭が増加していると言われています。前は中年や高齢の方が飲むもの、まずくて我慢して飲む健康サポート食品、というイメージもありましたが、現在では味も非常に美味しくなり、飲みやすいものが増えていることから、購買層は若年層も多く、子どもに飲ませる家庭もあるそうです。


青汁は飲むだけじゃない、料理にも

青汁はタブレットになっているものや、ゼリータイプなど様々なものがあります。昔からあるスタンダードなものが液体を凍らせたタイプや粉末タイプのもので、お水やお湯に溶かして飲みます。この粉末タイプの青汁は、料理にも活用できるとご存知でしたか?粉末なので簡単に、おかずの栄養価をアップすることができます。また料理に混ぜることで摂取しやすい味にもなります。


ビタミンたっぷりのグラタン

青汁の粉末タイプを利用するグラタンがおすすめです。作り方は市販のホワイトソースやクリームタイプのスープのもとに青汁を混ぜるだけです。味見をしながら、癖が気にならない程度に入れましょう。においが強く気になるときは少しだけニンニクなどをいれるものおすすめです。そこにマカロニやパンを加えて、チーズを乗せたらオーブンで焼いて出来上がりです。

青汁は作る、買う、どっちがお得?

by cradmin on 2014年2月7日

青汁を自作する人もいるそうです。青汁を自宅で作る場合、小松菜や大根の葉、大麦若葉などを利用します。自宅で作るほうが鮮度も高く安心な気もしますが、市販のものとどっちがお得に、効率よく栄養が補給できるのでしょうか?


市販の青汁は値段がさまざま

市販の青汁も含まれる栄養素などで値段は変わってきます。多く利用される大麦若葉、ケールなどをベースにシンプルに作っているもので考えると、一杯100円前後が平均的な値段なようです。コラーゲンなど美容成分が多く含まれるものや、特殊な製法が使われているものは、生産コストが上がるので、もう少し高くなります。自分が飲みたいものがいくらくらいなのか調べてみましょう。


自分で作ると味が美味しくないことも

自分で青汁を作ったときの最大の問題が、味なのだそうです。バナナやヨーグルトなども混ぜてスムージーのようにすれば飲みやすいのですが、生の野菜だけを絞って飲むとなると、やはり苦みや渋みも気になります。この工夫を楽しくできるなら自作でもいいかもしれません。しかし有機栽培の野菜などは値段が高いことも多いので、美味しくできなかった時は少し辛い思いをする事も。市販の物と自分で作る物の値段と手間で比較してみましょう。

青汁で家族の健康を守ろう!

by cradmin on 2014年2月7日

今では多くの方がご存知だと思われる青汁ですが、実際に利用している方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか?
最近ではそういったテレビCMもおおくなってきましたよね。
青汁はとても健康に良いとされているものですので、家族の健康を守ってみませんか。
やはりいつまでも健康でいてもらいたいですし、青汁でしたら飲むだけで良いので簡単に続けることもできますよね!


青汁を工夫して飲んでみよう!

皆さんの中には青汁の味が苦手だという方もいらっしゃるかと思いますが、そんな方は少し工夫をして飲んでみるのが良いかと思います。
例えば牛乳や豆乳に混ぜてみるとかヨーグルトに入れてみたり、クッキーやそばの生地に練りこんでみたりと工夫をすることで摂取しやすくなるかと思います。
その方がお子さんも飲んだり食べたりしやすくて良いですよね!


比較をしてみましょう

青汁は業者によって色々変わってきますので、購入される前にはまず色々調べて比較をしてみることをお勧めします。
バランス配合や味・特徴などが違いますのでよく調べてからお決めになるのが良いかと思います。
それでもよく分からない時は直接購入したい先に問い合わせて聞いてみるのもアリだと思います!